ヤフオクがいよいよフリマに参入!その特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヤフオクがフリマサービスを開始しました

ハンドメイド作品をフリーマーケットで販売している方も多いですね。そしてネットのフリマといえば、メルカリやラクマといったアプリが有名です。特にメルカリは一月に100億円ほどの取引があるほどです。

そんな活気のあるネットのフリマ業界ですが、そこにあのネットオークションの老舗、ヤフオクが参入してきました

ヤフオクが始めるフリマとは一体どんなものなのでしょうか?
普通のヤフオクと比べてどんな違いがあって、どんなメリットがあるのか詳しく見ていこうと思います。

<スポンサーサイト>

引用:ヤフオク

ヤフオクのフリマはワンプライス出品の進化版

ヤフオクの最大の特徴は、入札による価格決定でした。
したがって、売り手にとってはより高く売るチャンスがあり、買い手にとっては掘り出し物を安く手にいれるチャンスがありました。

しかし、ヤフオクで出品するには有料のプレミアム会員ならなければならいなどの手間がかかり、メルカリが登場してからは『面倒くさい』と見られるようになってしまいました。

そんな中、ヤフオクは2016年6月から、ワンプライス出品という、フリマと同じ機能をスマホアプリ版のみにリリースしていました。
このワンプライス出品はフリマのように手軽に出品できるということで好評を博し、これをきっかけにヤフオクへの出品者も増やす結果を招いたようです。

「手軽に出品したい」という世の中のニーズと、多様な取引機能を持つことでより利用者を増やすことができるヤフオク側の思惑が一致し、今回アプリ以外でも使うことができる「フリマ機能」を2017年2月2日にリリースされました

ヤフオクのフリマ出品の特徴は?

ヤフオクのフリマ出品は、通常のヤフオクと異なる点がいくつかあります。

プレミアム会員の登録が必要ない

通常のヤフオクはプレミアム会員登録が必要で、利用には月額462円がかかりました。会員になるとヤフオク以外の様々な機能が使えますが、有料なのは大きなハードルでした。

しかし、今回登場したフリマ出品の場合は登録は必要ありません無料でヤフオクに出品することができます。圧倒的なユーザー数を持つヤフオクに無料で出品できるのは大きなメリットですね。

価格設定は1つのみ

ヤフオクでは、出品価格や即決価格、最低落札価格などいくつかの価格設定があります。
これがフリマ出品なら1つになります。メルカリなどと同じく、あなたが売りたい金額を設定して出品し、その価格で落札されれば取引が成立します。ここから手数料10%(ヤフープレミアム会員なら8.64%)が引かれてあなたの売り上げになります。

出品方法などはヤフオクと同じ

投稿方法などはヤフオクと同じです。以前に比べてヤフオク自体の出品方法も簡単になっていたので、ここは新しい機能を導入せず、以前からヤフオクを使っているような、使い慣れた方にも使いやすい方法をとったと思われます。

まとめ

いかがでしょうか。ヤフオクの最大の魅力は何と言ってもそのユーザー数です。現在すでに1800万人ほどの登録者数がいます

引用:ヤフオク

これまでのヤフオクのユーザー層は男性の30〜40代のイメージでしたが、CMには女性に人気の「ブライズ」を起用するなど、イメージを一新して新しいユーザー獲得も狙っています。
ヤフーを使ったことのない日本人はいないでしょうから、さらにユーザー数は拡大していくことでしょう。

メルカリ、ラクマ、フリルの3大フリマアプリ、中でも圧倒的な人気を誇るメルカリに対抗する強力なライバルが出現したことにより、それぞれさらにサービスが充実してくれば、私たちユーザーには大きなメリットになることでしょう。

フリマサービスはこれからも要チェックです!

 

スポンサードリンク

コメントを残す