作品の単価を手軽に計算できるツールのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
値付けツールのご紹介

作家さんの悩みは様々ですが、その中でも多いのがお金の悩み。特に自分の作品に値付けをすることに悩む方が多いようです。

高すぎると売れないし、安すぎでも利益が出ない。自分の作品はどれくらいの値段が最適なのかどうやって決めたらいいのか、悩んでいませんか?

そんな悩みを解決する、無料でだれでも使える値付けツールを開発しましたので、ご紹介します。

<スポンサーサイト>

作品の値付けとても大切です。特に最初の値付けが重要で、ここで安くしてしまうと、その後値上げするのは難しく、後で自分の首を絞めてしまいます。

そこで、あなたの作品の最適な値段を自動で算出できるツールを作りました。ツールといっても簡単なエクセル表なので、使いやすいです。

この値付けツールは、素材と販売手数料を元にして最適な値段を算出するようになっています。一般的な原価率として30%を設定していますので、「この素材を、この手数料で売るなら◯◯円が最適」という計算になります。

実はこの表は値付けツールに留まらず、あなたが自分の作品をどう見ているかが分かるものになっています。
この表で出てきた金額が「高い」と思ったら、それは作品の質に満足していないという証拠です。もっと腕を磨き、値段相応の作品を作れるようにしたい、ということになります。
一方で「安い」と思えれば、それは作品の質に自信がある証拠です。ちょっと高めの値段で出品して、様子を見てもよいでしょう。

 

まだ、ver.1.0.0の開発中のツールですので、気がついた点、もっとこうしてほしいなど、コメントをいただきたいです。どんどん改善をしていきたいと思います。あなたの役に立てればと思っていますので、ぜひご活用ください。

 

単価計算ツールの様子

スポンサードリンク

コメントを残す