ハンドメイド作家の正しいオーダーメイドの4つの使い方

オーダーメイドをうまく活用しよう

ハンドメイド作家の多くの方はオーダメイドを受け付けているのではないでしょうか。サイズのオーダーメイドやピアスの金属を樹脂に変えるなど、大小さまざまなパターンがあります。

オーダーメイドは既製品ではなかなか対応しにくいので、購入者にとってはハンドメイドの魅力の1つになっています。対応する作家さんは、オーダーメイドをサービスの一つとしてアピールすることが多いでしょう。

しかし、これだけオーダーメイドが広がると、行うのが当たり前でやらないと「サービスが悪い」と言われかねません。そこで、自分の首を閉めないオーダーメイドの使い方をご紹介したいと思います。

オーダーメイドをうまく使えばあなたの作家としての魅力アップにつながりますのでぜひ参考にしてください。

続きを読む

2016-2017 ゆく年くる年イベント開催!

ハンドメイド情報局の年越しイベントです

いよいよ2016年も残り2週間となりました。

そこで2016年を送り、2017年を迎えるハンドメイドイベントを実施したいと思います。
今回のイベントのテーマは、「年越し・新年を連想させるアイテム」です!

門松、しめ縄などの新年に欠かせないアイテムから、初日の出、初夢、富士山などおめでたいものをモチーフしたものまで、年の瀬にぴったりのアイテムならなんでもOK。今年最後のハンドメイド作品を多くの方に届けましょう。

続きを読む

ハンドメイドの確定申告を楽するたった3つの方法

ハンドメイドの確定申告はちょっと工夫して楽しましょう

ハンドメイドで少しでも売り上げがある方は、その額に応じた税金を納める義務があります。いわゆる国民の3大義務の1つ「納税の義務」というものです。

このために確定申告をするわけですが、色々と面倒です

特に、確定申告に必要な書類を集めるのが大変で、レシートや領収書、売り上げ票などすべて揃えようと思うと、思い出せないものや見つからないものばかりで途中で投げ出したくなってしまうものです。

そしていつも「来年こそはきちんと管理しよう」と思うものの、申告が終わるとすっかり忘れて、来年もまた苦しむ・・・この繰り返しになっていませんか?

そんな書類との戦いを極力減らして楽する方法があったとしたら知りたいですよね。

ここではそんな確定申告を楽にする方法をご紹介します。
苦労している今こそ実践するチャンスです。なるべくすぐに行動することをお勧めします。

続きを読む

ハンドメイドの視点でキュレーション問題を考える

welqの問題はハンドメイドにも影響がある

welqの問題が、記事内容の信ぴょう性の話から、他のサイトの転用問題に発展し、今日現在では、welqの運営元であるDeNAのすべてのキュレーションメディアが閉鎖され、さらに他企業のキュレーションメディアまで見直しが入る状態になっています。

この一連の騒動は、私のような個人メディアの運営者にとっても他人事ではありません
私はこれまで、著作権をはじめとした権利関係の記事をいくつか書いていて、その都度勉強しました。
仕事の中でも権利関係の知識が欠かせないので、専門家ではありませんが一般の人よりは詳しいつもりで発信しています。

そんな個人でも当たり前にきにしているようなことを、プロ野球球団を持つような会社の経営陣が軽んじていたことにかなり驚きました。

それと同時に、私はこの問題はキュレーションメディアだけに留まらないと考えていて、特にハンドメイドには影響を及ぶだろうと推測しています。

私がwelqの問題がハンドメイドにも影響する思う理由と、どんな影響がありそうで、作家はどのような対応が求められるのか詳しく書きたいと思います。

続きを読む

作家の危機!レジンアレルギーを防ぐ3つの対策方法

レジンアレルギーにご注意

ハンドメイドの中でも人気のレジン。アクセサリーやネイル、スマホケースにも使えてとっても便利ですね。

でも、ある日急にアレルギーは出たりなんかしたら大変です。それこそ作家生活の危機です。ここではまずアレルギーに関する話を取り上げたいと思います。そしてアレルギーがなるべく出ないような対策方法をご紹介します。

ここで書く記事は、私がネットや書籍等で調べた内容を記載しています。
医学的な根拠や医師の監修を受けた記事ではなく、内容の正誤を保証するものではありません。
もしアレルギーが出た場合は速やかに専門医に相談することをお勧めします。

続きを読む

平成28年12月1日から変わる洗濯表示のルールのまとめ

新しい洗濯表示記号が採用されます

前回の記事で、ハンドメイド作品も該当するジャンルのものは品質表示が必要だと述べました。

その中でも、多くの作家さんに関わる可能性があるのが繊維製品の品質表示規定で、洋服などにはこの表示が義務となっています。

この品質表示規定の中には洗濯表示が含まれているのですが、この記号が平成28年12月1日から一新されることになっています。

これの改定は、世界基準に合わせることによるもので、この統一基準を採用すると、製品の輸出入する際のタグの張替えの手間がなくなり、便利になるというメリットが生まれます。

作家さんもこの日以降に販売する製品には原則として新しい記号を使わなければならないので、この記号をきちんと理解して使う必要があります。

そこで、ここでは洗濯表示の変更のポイントと関連情報をまとめてみました。

まずは今あなたが作成していて、関係のある記号から覚えていき、徐々に知識を広げていくとよいでしょう。

続きを読む