初めてのフリマ出店で特に気にすべき準備の4つのポイント

フリマで最初に準備するべきこと

ハンドメイドの販売ツールとしてフリーマーケット(フリマ)はとても有効な手段です。しかし、いざ出店するのはちょっと怖いな、と思っている方も多いのではないでしょうか。

その原因は、周りの目が怖い、準備が大変そう、というイメージを持っているからではないでしょうか。
フリマに出ているのは自分が目標とする作家さんばっかりで、自分が出店してもだれも見てくれないかもしれない、他の人に色々と言われそう、小道具とか準備も大変そうだし、売れなかったら悲しいし・・・

そんなネガティブなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。最初はちょっと準備が必要ですが、完璧に仕上げる必要はなく、最初は最低限にして、徐々に充実させていけば大丈夫です。

ここでは初めてのフリマ出店で特に気をつけて準備しておくべきポイントと、どのような準備をすればよいかをご紹介します。フリマ出店を考えている方はぜひ参考にして、成功させてください。

続きを読む

フリーマーケットでチャンスをつかむ3つの心構え

フリマでチャンスを掴む

作品の販売方法の1つにフリーマーケット(フリマ)への出店があります。最近はハンドメイドに特化したフリマも全国で行われるようになっています。

ネット販売が中心の方にとって、直接販売の場は数少ないチャンスなのですが、そのチャンスを逃してしまう方が多いようです。

ここでは、そんなフリマを売り上げ貢献にするのではなく、フリマをきっかけにネット販売を伸ばす方法をお伝えします。

フリマというお客様に直接会えるチャンスを生かして成功につなげている方も大勢いますので、ぜひ参考にしてあなたのハンドメイドライフの成功のきっかけにしてください。

続きを読む

ネットショップを目立たせる3つのポイント

顧客にお店に入ってもらう方法

作品を販売する方法は、ネット販売と対面販売の2つがありますが、多くの方はネット販売をされていると思います。ミンネやクリーマといったマーケットサイトは手軽に自分のショップを持ててとても便利ですね。

しかし、便利な一方、他の人との差別化が難しく、何十万人という出店者の中に埋もれてしまい、なかなかお客様に見つけてもらえないという悩みも多いようです。

マーケットサイトとはいえ、あなたのサイトは「お店」です。入りやすい入り口にする工夫や、店に入った後もワクワクする体験を提供しなければ、売上は伸びないでしょう。

そこで、ハンドメイドマーケットで目立たせ、お客様にワクワク体験を提供し、さらに印象に残すことでリピート来店を促すためのポイントをご紹介します。ポイントを押さえ日々の行動をちょっと変えるだけで成果がでることばかりですのでぜひ実践してください。

続きを読む

作品の単価を手軽に計算できるツールのご紹介

値付けツールのご紹介

作家さんの悩みは様々ですが、その中でも多いのがお金の悩み。特に自分の作品に値付けをすることに悩む方が多いようです。

高すぎると売れないし、安すぎでも利益が出ない。自分の作品はどれくらいの値段が最適なのかどうやって決めたらいいのか、悩んでいませんか?

そんな悩みを解決する、無料でだれでも使える値付けツールを開発しましたので、ご紹介します。

続きを読む

ミンネの特徴を活かして販売につなげる3つのコツ

ミンネで売る方法

ハンドメイドマーケットでも最大手として有名なminne(ミンネ)。数あるアプリの中でも人気が高く、2016年10月時点でアプリが500万ダウンロードを突破しています

これだけ人が集まるサイトですから、作家ならぜひチャンスを生かして販売につなげたいところですね。
ここでは、そんなミンネの特徴を最大限に生かす方法を紹介します。

他のサイトにはないメリットを知っておくことが、多くの作家さんに差をつけることにもなるので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

作品の写真にロゴを入れるべき3つの理由

ロゴの効果

ハンドメイド作品を見ていると、写真の中にサインやロゴを入れているものを見たことがありませんか?

「なんかカワイイな」と思ってすでに入れている方もいると思います。このサイン、実は可愛さの演出以外にもいろんな効果があります。

 

この効果を知った上で、最適なサインを入れると今までより作品がぐんとよく見えたり、アクセスがぐんと増えたりするので、ぜひ実践してください。

続きを読む

買う人にぴったりのハンドメイド作品を作る6つのステップ

ペルソナ分析

ハンドメイドで作ったものは、自分で使わない限り誰かのためのものですね。
友達に作る場合、その人の顔を思い浮かべ、その人はどんなものが好きか、どんな服装をしているか、どんなところに出かけるかなど、その人に関するいろんな情報を思い浮かべながら、その人にピッタリの作品にしようと努力しているでしょう。

では、お店に出す作品を作るときはいかがでしょうか。

誰が買うか分からないからといって、「誰か」をイメージしない作品は、誰にもぴったりではない作品になってしまいます

どんな作品を作るときも、作品を買ってくれる「その人」をしっかりとイメージして、あたかも実際にいるかのような感覚で作品を作っていくことが大切です。

これはビジネスでも共通していて、マーケティングの世界では「ペルソナ分析」と言います

分析と聞くと難しいイメージですが、誰でも簡単にできますのでその方法を6つのステップでご紹介します。ぜひマスターして、作品の質アップに役立ててください。

続きを読む