ハンドメイドに必要なマーケティングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ハンドメイドにマーケティングは必要?

ハンドメイド作品を売る中で、「マーケティングの知識を駆使すると売れるようになります!」という記事やコメントを目にすることがあります。

マーケティングはビジネスシーンではよく使う言葉で、簡単に言うと「モノが売れるようになる仕組み」といったところでしょうか。

会社に勤めていたり、事業を起こそうとする場合は必須の知識ですが、果たしてハンドメイドにもマーケティングは必要なのでしょうか?

私がハンドメイドについて色々と勉強し、たどり着いた答えは「すべてを知る必要はないが、知っていると得することもある」ということでした。

ここではそのような結論に至った理由と、どんな時に役に立つかをお伝えしたいと思います。

<スポンサーサイト>

そもそもマーケティングとは?

私自身、マーケティングの専門家ではありませんが、先ほど書いたように「モノが売れるようになる仕組み」がマーケティングだと言えます。

「モノが売れる」ことはゴールで、そこに至るまでに起こることを分解し、それぞれのシーンにおいてゴールにつなげるための施策を実行し、最後にその成果を検証して次に繋げる。ここまでを仕組みにすることが、マーケティングの一連の流れになります。

シーンを1つずつ説明することは専門書にお任せするとして、ハンドメイドで例えれば、

  • 作品作りの時にお客様をイメージすること
  • 作品の写真をとってサイトにアップすること
  • 作品の説明文を書くこと
  • SNSで宣伝すること
  • 作品に手紙を同梱すること
  • ラッピングを丁寧にすること

これらすべてがマーケティングの1つの工程です。

作家がマーケティングを意識する場は限られている

あなたが、ハンドメイドで店を構え、その収入だけで生活することを目指すなら、マーケティングの専門書を読むべきです。
しかし多くの作家さんは、趣味だったり、お小遣い稼ぎ程度の収入を目指していると思いますので、マーケティングというスキルではなく、感覚やあなたの経験に基づいて考えていけば十分だと思います。
さらに、ミンネやメルカリのようなマーケットサイトを使う場合は、これらの会社が宣伝やブランディングといったマーケティングの一部をやってくれます。

したがって、わざわざ時間をかけてマーケティングを勉強するよりは、作品作りのスキルアップに時間を費やしたほうがよいと思います。

作家が意識すべきマーケティングのポイント

では、どんな時にマーケティングの知識を使えばよいのでしょうか。私は「売れない時」がマーケティングの出番だと思っています。

作品が売れない原因は人によって、時によっても様々です。それがわからないから「売れない」と悩むのではないでしょうか。

この原因を究明する時にマーケティングは非常に役立ちます
フレームワークと言われる手法を使って、1つ1つ整理していくと、売れない原因が見えてきます。そして、その解決策も見えてきます。ここを改善すれば売れるようになるかもしれません。思うような効果がでなければ、検証してもう一度原因を探します。

これを繰り返すと、あなたなりの「売れる仕組み」ができてきて、「売れない」が「売れる」に変わってきます。

始めから「売れる」場合は、最初からマーケティングが成功している証拠ですから、あえて変える必要はありません。もし、どうして売れるのか知りたいと思ったら、マーケティングを活用して分析してみるとよいでしょう。

マーケティングは必要な時に必要なことだけで十分

以上のことから、私はハンドメイドにおけるマーケティングについて「すべてを知る必要はないが、知っていると得することもある」と考えています。必要なことだけを知るならば、ネットで検索して、覚えずとも真似してしまえば十分です。

このサイトでもハンドメイドに必要なマーケティングに絞って開設したいと思いますので、そちらも順次ご覧下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す