ハンドメイドの確定申告を楽するたった3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ハンドメイドの確定申告はちょっと工夫して楽しましょう

ハンドメイドで少しでも売り上げがある方は、その額に応じた税金を納める義務があります。いわゆる国民の3大義務の1つ「納税の義務」というものです。

このために確定申告をするわけですが、色々と面倒です

特に、確定申告に必要な書類を集めるのが大変で、レシートや領収書、売り上げ票などすべて揃えようと思うと、思い出せないものや見つからないものばかりで途中で投げ出したくなってしまうものです。

そしていつも「来年こそはきちんと管理しよう」と思うものの、申告が終わるとすっかり忘れて、来年もまた苦しむ・・・この繰り返しになっていませんか?

そんな書類との戦いを極力減らして楽する方法があったとしたら知りたいですよね。

ここではそんな確定申告を楽にする方法をご紹介します。
苦労している今こそ実践するチャンスです。なるべくすぐに行動することをお勧めします。

<スポンサーサイト>

1.収入を一元管理する

まずするべきことは、ハンドメイドの売り上げをきっちり記録することです。販売ルートが1つだけなら簡単ですが、ミンネ、クリーマ、メルカリ、委託販売、実際のフリマなど、様々な媒体で販売していると、その数だけ管理が大変になります。

そんな状態を簡単に解決するには、売り上げを一元管理する方法が最適です。つまり、いろんなところの売り上げを、1つのお財布で管理しましょう、ということです。

そして、このお財布は日常生活で使うものとは区別して、独立して管理することでハンドメイドの収入がはっきりします。

物理的な「財布」という形でもよいですが、振込がほとんどのこのご時世、専用の口座で管理するのがよいでしょう

普段の生活と同じ口座にしてしまうと、例えば給料と同じだと、どれがハンドメイドの収入で、どれが給料の収入か分からなくなってしまいます。
すると年末に「あぁ、どれがハンドメイド収入か分からない」という状態になりますので、専用口座が最適です。

専用口座で管理していると、メリットが2つあります。

1つはその口座の収入はすべてハンドメイドの売り上げなので、その記録を元に計算すれば、収入の計算はすぐできちゃいます。収入は手数料も含めた金額なので、口座の収入を元に手数料を計算して、本当の売り上げを割り出しましょう。
2つ目は、振込履歴がそのまま収入証明になるということです。いつ、どこから、いくら振り込まれたかが分かり、正式に認められる書類ですので、これで証明になります。

2.支出もできるだけ一元管理する

収入が一元管理できたら、次は支出も一元管理しましょう。一昔前ならお財布を分けるのがよかったのですが、ここは専用のクレジットカードを作ることをお勧めします

その理由として、まずネットショップでは現金が使いくいことがあります。資材の多くはネットで購入することになるので、カードは便利です。また、実店舗でも最近はクレジットカードが使えますし、デビットカードやEdyの機能があれば、さらに便利です。

カードで便利なのはこれだけではありません。

確定申告の時にその力を発揮します。それは利用明細の存在です。この利用明細は支出の証明になるので非常に便利です。収入よりも支出の方が多くのルートが存在しますし、頻度も多くなるので、より効果を発揮します。
領収書が発行されないネットショップは「カードの明細を証明にしてください」というところも多いので、とても役に立ちます。

3。口座とカードは同じ会社がよい

上で示した通り、ハンドメイド専用の口座とカードを持っておくことは非常に便利ですが、これを同じ会社にまとめると、手続きが楽だったり、ポイントが貯まるなどのメリットもあるので、特にこだわりがなければ同じところにまとめてしまいましょう。

会社を選ぶときは、自分が一番使うネットショップで使えるかどうかは調べておきたいですね。

色々と調べるのが面倒な方、一番メリットの多いところがよいならば、私がもっともお勧めするのは楽天です。

楽天は銀行もカードも持てますし、楽天市場で買い物するときも多くポイントが貯まることもあり、お得です。また、楽天Edyを使うことで実店舗での活用シーンでも使いやすいです。大手で安心できるところでもあるので、ぜひご検討ください。



いかがでしょうか。口座を開いたり、カードを作ったりすることにはちょっとハードルを感じる方も多いかもしれません。
しかし、手間を理由に確定申告をしないことは国民の義務を果たしていない、法を犯していることになります。なるべく簡単に手続きするためにもこれらの方法はお勧めできます。

収入と支出がわかると、普段の作家活動にもたくさんのメリットがありますので、ぜひこれをきっかけに実行してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す