minneポイントの買う人も売る人も嬉しい3つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハンドメイド販売で圧倒的な知名度を誇るminneが、2017年11月28日からminneポイントというポイント制度を始めました

楽天やヤフーといったショッピングサイトや、日々の買い物では当たり前にありますが、ハンドメイド業界にもその流れがようやくやってきました。

そんな、ハンドメイドの世界では新しいポイントサービスのminneポイントですが、実は売る人と買う人にとって嬉しい特徴が3つあるんです。
楽天などでショップを開いたり、自分でお店を開くのとは違ったメリットですから、ぜひチェックしておきましょう。

<スポンサーサイト>

minneポイントの概要と賢い使い方

minneポイントは、買う人がもらえるポイントで、”基本的に作品代金の1%分”のポイントがもらえます。”基本的に”と書いてあることから、おそらく今後はポイントアップキャンペーンなどが展開されることが予想されます。

出典:minne

作品代金の1%なので、送料や決済手数料はポイントの対象にはなりません。これは他の多くのポイントサービスと同じですね。

送料無料の作品でも、作品の価格が同じなら同じポイントがもらえます。このしくみを使ってちょっとお得なお買い物を提案することもできます。

例えば、作品代金500円、送料200円の商品を作っていたとします。
このまま販売すると、買った人は700円支払いますが、そのうち作品代金500円に対して1%のポイント、つまり5ポイント貯めることができます。送料にはポイントがつきませんから、200円の送料はポイント対象外です。

しかし、これを作品代金700円、送料無料にしたらどうでしょうか。買った人は同じ700円支払うのですが、ポイントはなんと7ポイントです。同じ支払いなら、こちらを選びたくなりますね。

このしくみをうまく使ってみるのもいいかもしれません。

嬉しい特徴1:作家はポイント負担がない

楽天でショップを開設しようとする場合、様々な手数料がかかりますが、その中にはポイント負担の手数料という項目があり、買う人が受け取る際にもらえるポイントの原資はショップが負担することになっています。

もし自分で実際に店舗を持って、ポイントカードを発行すれば、そのポイントの負担はもちろん自分ですね。これが普通のポイント制度です。

しかし、minneポイントの場合、このポイントの原資はminneが負担してくれるので、新たに作家が負担することはありません。今までと同じ割合の販売手数料のみです。ですから、作家の皆さんは今までとまったく同じように販売するだけで、買う人にポイントがつくわけですから、これを使って宣伝しない手はないですよね。

嬉しい特徴2:ポイントの有効期限は最終購入日基準

お店でもらえるポイントカードの中には、発行日から1年間のものも多くあります。1年のうちに複数回使ってもらいたいからというのがお店側の意図ですが、買う側からすれば、そんなに同じお店に通うのは、結構大変です。
そんな期限切れポイントカードが山のように溜まっている方、多いのではないでしょうか。

minneポイントの場合、有効期限は最後に購入した日から1年間まですべてのポイントが有効で使うことができます
例えば、今年の12月10日に買い物をして、ポイントをゲットしたとしましょう。そのまま買い物をしなければ、今日のポイントは来年の12月10日まで有効です。しかし、もし12月20日に買い物をした場合、その有効期限は12月20日まで伸びて、12月10日にためたポイントも12月20日まで有効期限が延びます。これは嬉しい仕組みです。

嬉しい特徴3:ポイントは送料、手数料優先で使われる

この特徴を説明するために、具体的な例を紹介しましょう。

作品代金500円で送料200円の商品を購入したとします。
この時、ポイントを100円分使いたいとしましょう。この時、ポイントの利用対象が、作品代金優先だった場合、作品代金が500ー100=400円、送料200円となり、600円の支払いに対して、4ポイント貯まります。

しかし、ポイントの利用対象が送料優先だと、作品代金は500円のままで、送料が200ー100=100円となり、支払いは600円と同じですが、ポイントは5ポイント貯まり、作品代金にポイントを使う場合より多くポイントをもらえることになります

言われないとなかなか気づきにくいですが、何度も利用してくれるリピーターさんたちにとってはお得なしくみなので、これもうまく活用したいですね。

まとめ

いかがでしょうか。ここではminneポイントの概要と、嬉しい3つの特徴をご紹介しました。minne自体もポイント制度は宣伝してくれると思いますが、作家さん自身が積極的に宣伝することで、あなたのお店の利用客が増える可能性が高くなります。

ぜひうまく告知して、ノーリスクの嬉しい制度を最大限活用しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す