ハンドメイド販売サイト一覧

ハンドメイド作品を販売する方法は大きく分けて、

  1. マーケットサイトを利用して販売する
  2. フリマサイトを利用して販売する
  3. 自分でサイトを立ち上げて販売する
  4. リアルなフリーマケットで販売する
  5. 委託販売を利用して販売する

以上の5パターンがあります。ここでは、それぞれの販売方法で利用できるサイトをご紹介します。複数を掛け持ちしてできるだけ販路を広げたほうが収入は安定しますので、ぜひ色々と試してみてください。

こちらに掲載を希望される方は、下記の掲載に関するポリシーをご覧ください。

店舗掲載に関するポリシー

1.マーケットサイト

new!【ココナラハンドメイド】
自分のスキルを500円から販売できるサービスのココナラが始める新しいハンドメイドマーケットサイトです。ココナラの会員は35万人を超え、これからさらにユーザー拡大が見込めます。

使い方は他のマーケットサイトに似ているところも多く、使いやすくなっています。オープニングキャンペーン中は手数料が無料になるなど、プロモーションも積極的に行なっており、今後拡大の可能性を感じます。最初に登録した方は一気に人気作家になれるチャンスも多く、ぜひとも登録しておきたいサイトです。



minne(ミンネ)

言わずと知れたハンドメイドマーケットの大手です。作家登録者数は20万以上、アプリダウンロード数500万以上で、日々増えています。ライバルは多いですが、お客様も多く、ハンドメイドを始めたらまず最初に登録したいサイトです。

初心者でもとても使いやすく、専門的なスキルも不要です。作品を作って、写真を撮り、紹介文を書いて、値段を入力すればすぐに販売できます。
販売手数料は10%と平均的な設定です。


Creema(クリーマ)

ハンドメイドマーケットでは老舗のサイトのクリーマ。サイトデザインがオシャレで、ハイレベルな作品が多い印象です。登録作品数も200万作品を超え、最も多いと言われているミンネに勝るとも劣らない規模です。

こちらも使いやすいデザインになっていますので、初心者でも安心して使えます。

クリーマの大きな特徴として、台湾や香港にも販売ができる点です。登録は審査が必要ですが、自動翻訳もしてくれるので、自分の作品を海外に販売することができます。

手数料は過去3ヶ月の売り上げ金額によって8%〜12%(税別)と変わります。また海外出品は手数料は一律14%となります。

Creema(クリーマ)- ハンドメイドマーケットプレイス

Creema(クリーマ)- ハンドメイドマーケットプレイス
開発元:Creema Inc.
無料
posted with アプリーチ
スポンサードリンク

コメントを残す