ハンドメイドに役立つマーケティングの4P分析の簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ハンドメイドの4P分析

マーケティングでは、さまざまなフレームを使った分析が行われます。これをフレームワークと言います。このワークはたくさんあり、今でも新しい手法が生み出されています。

そのフレームワークの中でも、最も有名といっていいものが4P分析です。

4Pとは、プロダクト、プレイス、プライス、プロモーションの4つの頭文字がすべてPであることが由来します。

ハンドメイド生活においては、マーケティングの知識は時は役に立つと書きましたが、この4Pは簡単な上に、ハンドメイドの様々な場面で役に立つ手法です。

ここでは、ハンドメイドにおける4Pをご説明したいと思います。一般的な話ではなく、具体的な事例でお話しします。
マーケティングと聞いて、ちょっと難しいかもと思うかもしれませんが、分かりやすさ重視で書きたいと思います。

ご覧になる時はペンと紙を用意して、メモができる状態で読むことをお勧めします。

<スポンサーサイト>

プロダクト(何を作っているか)

プロダクトはproduct、つまり作品の事です。
ここであなたが作っているものを書き出しましょう。動物モチーフのピアス、宇宙イメージのペンダント、革の財布などのジャンルはもちろん、可愛い、クールな、シンプルな、など形容詞をできるだけ多く使って、具体的な説明まで書き出してください

そうすることで、あなたが意識すべきライバルがはっきり見えてくるはずです。ここに、この分析のメリットがあります。
他の人と比べて自分がどうなのかを客観的に見ると、新しい気づきが得られます。

プレイス(どこで売るか)

プレイスはplace、つまり場所のことです。
売りたいものをどこで売っていますか?多くの方はミンネのようなマーケットサイト、自分で立ち上げたサイト、フリーマーケット、店舗での委託販売だと思います。

ここでは、1つではなく、あなたが使っているものはすべて書き出しましょう。複数の販路を持っている方は、その使用頻度に限らず、すべてを洗い出してください。
大切なのは、使っている販路、そうでない販路を認識することです。
使っていないものの中に有効な販路があるかもしれませんし、使っていなかった販路が見つかるかもしれません。

それを見つけるのがこの作業です。

プライス(いくらで売るか)

プライスはprice、つまり値段です。
あなたの作品の価格帯を書き出しましょう。複数の価格帯がある方は、最高値と最安値など、分かりやすい書き方で結構です。

価格は購入してもらうための大切な要素です。書き出すことで他の人との比較がしやすくなり、自分の値段が安すぎるのか、高すぎるのかがわかります。

ここでは、まだ価格の調整をする必要はありません。価格はプロダクトやプレイスによっても変わってくるので、総合的に判断してから決めても遅くないです。

ちなみ私は、最初の値付けほうほうとして、原価から値付けする方法をお勧めしています。それが簡単にできるツールを公開しているのでぜひご活用ください。

プロモーション(どうやって宣伝するか)

4つ目はプロモーションです。promotionはつまり宣伝、告知です。

宣伝には有料と無料があり、有料のものはリスティング広告などがあります。個人の方で有料の告知を行なっている方は少ないと思いますので、ほとんどは無料のものでしょう。例えばTwitterやFacebook、インスタといったSNSがあるでしょう。他にもブログを使っていたり、メルマガを発行している方もあります。

委託販売をしている方は、あなた自身が行う広告と合わせて、委託先が行なっている広告もいれましょう。ミンネなどはCMを行うこともありますね。

ここでは多くの方法が上がるとよいでしょう。
告知媒体が多いことは、それだけ多くの方と接点を持てることにつながります。

ある程度媒体が増えてきたら、今度は質を上げる必要があります。どれくらいの頻度で更新したり、発信しているかを媒体に併記して、その活用度合いもわかるようにしておきましょう。

 

いかがでしょうか。あなたのメモに4Pごとの項目が整理できましたか?
ちゃんと書き出した方はこの4つが並んでいると思います。これが大事です。

この4つのPは独立しているようですべて関連しています。作品の値段と製品はもちろん、販売先によっても手数料が変わったり、あなたの手間が変わるので価格に影響します。告知する媒体によって、インスタなら写真映えする作品が向いていますよね。

このように4つのことを別々に検討するのではなく、いっぺんに検討してちょうどいいバランスを見つけていきましょう。

この記事ではここまでしておきますね。お疲れ様でした。

次はどうやってちょうどいいバランスを見つけるかについて書いていきたいと思いますので、そちらも合わせてチェックしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す