ハンドメイドで稼ぐ気になったら個人事業主になるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
個人事業主の届出はした方が良い

最初は趣味の延長として始めたハンドメイドも売上が出て安定してくると、独立を考える作家さんが多くなります。

税務署に開業届を出すことで、立派な個人事業主になれるのですが、個人事業主になると、それまでと何が変わって、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ここでは個人事業主になることによるメリットとデメリットについて解説したいと思います。個人事業主としてのメリットを最大化し、デメリットを最小化するためにしっかり理解しておきましょう。

<スポンサーサイト>

確定申告が必要な収入なら個人事業主がよい

もしあなたが確定申告をしなければならないくらいの利益があるなら、開業届を出して個人事業主になった方がメリットがあります。確定申告すべき利益額は本業の有無によって異なり、副業なら20万円、本業なら38万円が基準です。
少し詳しい内容は確定申告ルールの記事でも触れているので参考にしてください。

※ここでは所得税に関して確定申告の有無を記述しています。住民税は金額の大小に関わらず届出は必要で、確定申告をしない場合は市区町村には届け出る必要があります。

個人事業主になると確定申告することが必須になり、手間がかかります。
もし上記の金額以下の収入なら、元々しなくてよい確定申告をしなければならなくなるので、単に手間が増えるだけなので届出をしなくてもよい、と考えられます。

本来、事業を始めたらすぐに開業届を出さなければならないのですが、始めた頃は趣味なのか事業なのか曖昧だと思いますし、活動をしていくうちに「事業としてやっていこう!」と気持ちが変わることも多いので、個人的にはハンドメイド販売を始めたらすぐに届け出る必要はないかと思っています。

個人事業主のメリットは?

個人事業主になると税金面で色々なメリットがあります
個人事業主でないと白色申告になるので一般的な税制が適応されますが、個人事業主なら青色申告をすることができ、青色申告することでメリットを享受することができます。
税金対策は、事業規模が大きいほど多くのメリットがあります。

また、個人事業主の場合、売上は雑所得ではなく事業所得になります。事業所得になると、もし赤字になった場合に別の収入と合算して税金が戻ってきます。また、青色申告をすると最大65万円の所得控除も受けられるようになります。

また、屋号(お店の名前)をつけられ、屋号で口座を開いたり、領収書を切ったりすることができるようになります。これらは経費の管理や申請にとても有利なので、結果申告の手間が省けたり、経費にできる範囲が広がったりするなどのメリットがあります。

個人事業主のデメリットは?

本来、事業を行なっている人は全員するべき開業届なので、お金の面でデメリットはありません。あえて挙げるとすれば、規模が小さく売上も少額の時は、手間に比べてお金のメリットが少ない、というデメリットはあるかもしれません。
繰り返しになりますが、本来すべき開業届なので、手間とお金のメリットを天秤にかけて比べないで、作家活動をする上で必要な仕事、と割り切って届け出てきちんと確定申告をすることをお勧めします。

サラリーマンが個人事業主になると会社にバレる?

ネットで色々と調べると、副業が禁止されている仕事をされている方の場合、開業届を出すことで確定申告をすることになり、その結果、税金額が給与からすると大幅に高くなっていることから会社に副業がバレてしまう、ということをデメリットに挙げているサイトをよく見かけます。
そういうサイトは、防止策として納税方法を天引きではなく直接支払う方法を選ぶ、ということをよく紹介しています。

確かにこの方法でバレるリスクを低くすることはできます。しかし0にはなりませんし、黙っている間は就業規則を破っている状態は続き、常に気にしながら活動することは勧められるものではありません。

副業については、この記事の趣旨とちょっとずれるので詳しくは別の機会に触れることとしますが、会社に事情を説明し、理解を得ることが一番よい方法だと思います。

 

いかがでしょうか。
個人事業主になって不利になることは原則としてありません。届出も簡単な用紙を記入して出すだけなので簡単ですし、税務署に相談すれば優しく教えてくれます。また、廃業することも簡単で、デメリットもありません。

あなたの気持ちの中で、作家としての活動が「趣味」から「事業」になったならばぜひ個人事業主になることを検討してください。

スポンサードリンク

コメントを残す