ハンドメイドの作業時間が増える3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
見直したい時間

こだわりの作品を作り、お届けする準備をしていると、あっという間に時間がたってしまって思ったよりはかどらなかったという経験はありませんか?
いいものを作って届けたいと思う一方、あまりこだわりすぎると時間ばかりがかかってしまって、いつも時間が足りなくなってしまう・・・

そうならないためには、時間を効率的に利用することが重要です。

ここではそんな効率良い時間の使い方の工夫をご紹介します。
効率をあげるべきは作品作り以外の時間で、そのためにはコツがあります。このコツをうまく活用すれば、2〜3割くらいの時間短縮につながりますので、ぜひ試してみてください。

<スポンサーサイト>

シールを活用して時間短縮!

発送準備の中でも最も気を使い、時間も使うのが宛名書き
住所が間違っていると届きませんし、お名前を間違うことはとても失礼になってしまいます。毎回手書きでは絶対に間違ってしまいますし、何度も見直しをすると時間も取られてしまいます。

そこで、宛名はパソコンで印刷できるシールを活用すると時間を短縮することができます

この時、住所フォーマットを作っておき、そこに貼り付けて印刷すればデザインも綺麗に仕上がりますし、あなたの住所は最初から印刷してしまえば毎回書く手間が省けます。
シールを販売している会社で無料で提供されているフォーマットもありますので活用したいです。

注文が安定してくると、1日に多くの宛名書きが必要になります。しかし、印刷だとあっという間にできちゃいます。ネット販売の場合、住所はデータになっています。それをコピペしてシールで印刷すれば、間違いもなく、時間も短縮できて作業効率がアップします。

数が多い方はA4サイズで、少ない方にはハガキサイズのシールがお勧めです。

梱包の箱は既製品がお得!

作品を発送する時にどんな入れ物にするかは、受け取る時の印象を大きく左右します。作品をより素晴らしく見せて、相手に感動を与えるためにも梱包はとても重要です。
また、どんな時も作品を壊れないようにお届けする丈夫さも梱包には求められます。それを追求して1つ1つ丁寧に梱包することは大切ですが、時間がかかりすぎてしまうことがあります。

そこで、梱包には既製品を使うことをお勧めします

既製品はサイズも計算されたものが多いので、送料も計算しやすく、「このサイズに収めないと!」というイライラから解消されます。
またデザインも豊富でカスタマイズもできるものもあるので、こだわることもできます。そして、既製品は包むだけの簡単梱包ができるので、時間も短縮できます。

例えばダンボールを専門に扱う店舗はこのようなところがあります。

箱職人のアースダンボール

ただし、既製品は購入にお金がかかりますので、あなたの作品の値段に合わせた梱包を用意しないと、売上が減ってしまいます。
例えば1000円以下のお得な作品をたくさんお届けする方は大量購入して安く仕入れたダンボールで良いと思いますし、1万円以上する作品を届ける際には、ちょっと高くてもカラフルで綺麗なものを用意しましょう。

プレゼント梱包などはオプションで用意して、その分の料金を設定すると特別感を演出できます。

<スポンサーサイト>

片付けを徹底して探す時間を0に!

作品作り専用のスペースを持っている方、リビングに素材を並べて創作されている方、環境はひとそれぞれだと思いますが、その環境は整っていますでしょうか。
作品を作ろうとして「あれがない、これはどこいった?」という時間があると、その分だけ無駄になってしまいます。

そうならないために、片付けは常に意識して探す時間は0にしましょう。収納を効率化するためには100均グッズがとっても役立ちます。収納のコツを紹介した本などもありますし、ネットでも収納ワザの参考になるサイトはたくさんありますので参考にしてください。

 

いかがでしょうか。時間を効率的に使うには多少の費用がかかりますが、それ以上に収入アップにつなげることができます。ぜひ実践して作品作りに使う時間を増やせるようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す