ハンドメイドの資格は役に立つの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ハンドメイドの資格は役に立つの?

ハンドメイドの世界にも「資格」が存在します。

有名なものでは、日本デザインプランナー協会のクラフトハンドメイドマイスターハンドメイドクリエイターがあります。

他にも日本パーツビューティーアカデミーといった通信講座もあり、ハンドメイド以外にもネイルやアロマといった女性向けの習い事として人気なようです。

ところで、ハンドメイドライフを続けていくためにこれらの資格は必要なのでしょうか。そして持っていると役に立つのでしょうか。ここではハンドメイドの資格を取るメリットを詳しく解説します。

<スポンサーサイト>

資格は免許じゃない

よく資格と免許を混同してしまいがちですが、まったく違います。免許は、車の運転免許のように、持っていないと法に触れることもあります。

しかし資格は違います。

英検や漢検のように、その資格はあなたの能力を証明するだけであって、資格を持っていなくても違反ではないですし、行動を制限されることはありません。

資格は持っていると相手を安心させられる

したがって、ハンドメイドの資格も持っていなくても、ハンドメイドライフを続ける上ではまったく問題ありません。
ただ、資格を持っていることは、その能力を第三者が証明したことになります。それは、あなたの作品を買おうとしている相手に、作品の品質の保証になるなど、安心感を与えることになります。

例えば、同じような作品を作っている方がいたとして、資格も持っていれば、あなたが選ばれる可能性は高くなるでしょう。

資格を得るための勉強が最も役に立つ

ハンドメイドの資格自体の効果もありますが、資格を取得するためのプロセスがとても役に立ちます。

ハンドメイドはほとんどの方が独学です。専門学校で学んだスキルを活かす人もいますが、ごく少数です。
しかも作るだけではなく、写真撮影や販売スキル、ウェブの知識や税金の知識など、幅広い知識とスキルが必要で、それをすべて自己流にするのは大変ですし、効率がよいとはいえません。

ハンドメイドの資格取得の中では、必要なスキルを一通り学べます。実はこれが成功への近道だったりもするので、効率的にスキルアップしたいと思っている方には資格取得はオススメです。

 

いかがでしょうか。資格といってイメージされるものは人それぞれだと思います。資格ばかりを前面に出すのもよくないですが、持っていて損するものでもなく、資格取得のための努力して得たものはとても役に立ちます。

きちんとハンドメイドのスキルを身につけて、さらに資格を取得したいという方は以下のような講座もあるようです。まずは資料請求して、役立ちそうか調べてみるのがいいですね。

   

ご自身が目指したいハンドメイドライフに合わせて、資格取得も検討してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す