ハンドメイドの視点でキュレーション問題を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
welqの問題はハンドメイドにも影響がある

welqの問題が、記事内容の信ぴょう性の話から、他のサイトの転用問題に発展し、今日現在では、welqの運営元であるDeNAのすべてのキュレーションメディアが閉鎖され、さらに他企業のキュレーションメディアまで見直しが入る状態になっています。

この一連の騒動は、私のような個人メディアの運営者にとっても他人事ではありません
私はこれまで、著作権をはじめとした権利関係の記事をいくつか書いていて、その都度勉強しました。
仕事の中でも権利関係の知識が欠かせないので、専門家ではありませんが一般の人よりは詳しいつもりで発信しています。

そんな個人でも当たり前にきにしているようなことを、プロ野球球団を持つような会社の経営陣が軽んじていたことにかなり驚きました。

それと同時に、私はこの問題はキュレーションメディアだけに留まらないと考えていて、特にハンドメイドには影響を及ぶだろうと推測しています。

私がwelqの問題がハンドメイドにも影響する思う理由と、どんな影響がありそうで、作家はどのような対応が求められるのか詳しく書きたいと思います。

<スポンサーサイト>

ハンドメイドと共通する「著作権」というキーワード

キュレーションの性質上、他人が発信する情報を引用するという行為は避けられません。
その時に気にすべきことは著作権です。本や記事の一部を、必要な部分だけを抜粋し、出典元を明記することで引用は成立します。これを逸脱してしまうとそれは盗作です。

ハンドメイドも同じく、自分のお気に入りの作品などを参考に、自分なりのアレンジを加えて制作することが多くなります。
この時にほとんど同じものとしてまえば盗作ですし、オリジナリティを加えればアレンジ、もしくはインスパイアされたものとして認められるでしょう。

このようにキュレーションとハンドメイドには両方とも著作権の引用・参照というキーワードで繋がり、他人の著作権を侵害する可能性を秘めています。
今回の一件でハンドメイド作家さんにも目が向けられるかもしれません。

「盗作」という指摘が増えるかもしれない

このように、世の中の目が著作権や転載などに目が向くことで、人の関心が高まります。すると思いもよらないところから、思わぬ指摘を受けるかもしれません。

オリジナル作品を作っているつもりでも、まったく知らない人の作品を提示されて「これと似ていますよ。盗作してませんか?」と言われるかもしれません。
日本だけで何万人もハンドメイド作家さんがいる現在、同じパーツショップで買ったものを使えば、似てしまうことは必然です。でもそれを知らない人にとってみたら盗作に見えてしまうのは仕方がないことだと思います。

ハンドメイド作家さんはより一層、腕を磨きたい

正直に言って、身に覚えのない盗作疑惑を晴らすのは非常に困難です
世の中を見渡してみても一見すると似ているものは溢れています。しかし、そんな似ているものの中でも目立つものや人気のあるものは、他とはちょっと違う、何か光るものがあります。
ハンドメイド作家さんはそんな「自分にしか出せない光る何か」を生み出せるように腕を磨くことが唯一できることでしょう。

ただ売れるだけでない、自分らしさの表現やそれを世の中に発信する喜びがハンドメイドの楽しさだと思います

あなた自身が自信を持って世の中に出せる作品を作れることが、一番大切なことだと思います。

 

いかがでしょうか。今回のwelqの一件でもしかしたら心無いコメントを受けることがあるかもしれません。
その時には冷静に対応することが大切です。似ているものがあるかもしれないと受け止めつつ、そのような指摘を受けたのは、自分の腕がまだまだであると認め、自分らしさを出すように努力を重ねる意思を示すなど、前向きな態度で対応されるとよいと思います。

ピンチをチャンスに変えられるよう、頑張っていただきたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す