マーケティング

意外と簡単!海外から素材を個人で輸入しちゃう方法!

簡単な輸入方法

周りの人に差がつくハンドメイド作品を作りたいと思ったことありませんか?
そんな時には素材にこだわるとよい、という記事をアップしていますが、その中の1つの方法として、輸入素材の利用を紹介しました。

輸入と聞くとハードルが高いように思いますが、実は個人でも手軽に輸入できるようになっていることをご存知でしたか?

誰でもできる素材の輸入方法を、世界で利用されている【Jp.pandahall】という大量のアクセサリー素材を扱っている、世界屈指のサイトを元に紹介していきます。

このサイトを使いこなせれば、あなただけの作品作りだけでなく、新しいアイデアもどんどん湧いてくるはずです。ぜひ参考にして上手に活用してください!

続きを読む

イベント販売に必須のアイテム8選

ブースを飾るアイテム

ハンドメイド品をイベントやフリーマーケットで売るためには、作品以外に大きく分けて3種類のアイテムが必要です。

  • 遠くから見てお店に興味を持ってもらうアイテム
  • 作品を綺麗に陳列し、より魅力的に見せるアイテム
  • ブース運営を便利にしてくれるアイテム

それぞれ異なる役割がありますから、すべて準備しておかないといけません。ここでは3つのカテゴリーの中でも特にオススメしたいアイテムに絞って紹介します。
アクセサリーや小物を販売することを例にしてご紹介していきますので、ぜひ参考にして、自分のお店をより売れるお店に飾ってください。

続きを読む

買ったものにコメントしたくなる時とコメントをもらう2つの方法

コメントをもらう方法

あなたが日々作成してお届けてしている作品、買った人がどんな風に使っているか考えたことってありますか?

あなたが期待した通りに使っていると思いがちですが、実は意外な使い方をしているかも。ファッションアイテムや雑貨など、あなたが想像しない形で使われることもきっとあります。

そんな新しい使い方を知ることができれば、あなたの作品の使い道が広がり、新しい提案に繋がります。口コミとして広げてもらえれば、あなたの魅力アップにつながります。

それを知るには、使っている人から話を聞かないといけませんが、ネットの中ではコメントという形で聞くことができます。しかし、全員コメントを書いてくれるわけじゃないので、工夫が必要です。

ここでは、あなたの想像を超えたヒントになるコメントをもらう方法を紹介したいと思います。誰でも簡単に取り入れられる方法なので、ぜひ実践みてください。

続きを読む

未来の流行を確実に捉えるたった2つの方法

未来を捉えるための2つの方法

ビジネスをする上で成功する秘訣は、未来を予測して将来流行りそうなものを先取りすることだと言います。

ハンドメイドでも同じで、未来の流行を誰よりも先取りして作品を作れれば、いざ流行したときにものすごく売れます。でも、流行しなかったらまったく売れないので、大損します。

そんなリスクを負う人はほとんどいないので、ほとんどの人は流行してから作品を作って、激しい競争の中に入ってしまいます。
でも世界のどこかに、あたかも預言者のように未来を予測して、ヒットを飛ばしている人がいるんです。

彼らはいったいどうやっているのでしょうか?

ここでは未来を予測している人が実践している2つの方法をご紹介します。

頭でわかっていても、実践するのは難しいですが、まずは頭で理解しないと実践できないので、ここでは理解するところをチャレンジしてみてください。

続きを読む

4つのハンドメイド調査の結果発表!

ハンドメイドの調査

先日、ハンドメイド情報局の公式ツイッターアカウントにて、ハンドメイド属性調査を実施しました。ご協力いただいた方、ありがとうございました。

ツイッターの匿名の調査なので、正確かといわれると答えにくいところはありますが、傾向をつかむことはできると思いますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

全体を通じて、大体仮説通りでしたが、意外なところもあったのでレビューしたいと思います。

続きを読む

”ドリルを売るなら穴を売れ”はハンドメイドでは半分足りない

ハンドメイドに必要なセグメント化とは?

”ドリルを売るなら穴を売れ”という言葉を聞いたことがありますか?

ビジネスパーソンなら1度は耳にするくらい有名なワードですが、一般的に浸透しているわけではないと思います。

ドリル(売りたいもの)を売るには、穴(購入者の解決したい課題、価値)を売ることが重要だという、マーケティングの基本を言っています。

しかし、これをハンドメイドに当てはめると、半分は正しいのですが、半分不足しています
この不足している半分を補ってあげれば、ハンドメイドで非常に強力なノウハウになります。

そこで、”ドリルを売るなら穴を売れ”の不足する半分を補うとともに、ハンドメイドに使えるテクニックを紹介しようと思います。

続きを読む