ハンドメイド作家には『106万円の壁』は関係ない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
社会保険の106万円の壁とは?

ハンドメイド作家さんの中には「あれ、これ私も対象なの?」と思ってしまう社会保険の制度改定が2016年の10月に施行されました。

この改定で新しく「106万円の壁」というワードが出てきましたが、実はこれ、ハンドメイド作家さんには関係の無い壁なんです。

どうして関係ないのか、逆にどんな人が関係するのでしょうか。ここでは今回改定された制度の概要と、どのような点に気をつけないといけないかチェックしてみます。

<スポンサーサイト>

2016年10月に改定されたのは社会保険の制度の一部

社会保険とは、医療保険や年金保険などの公的な保険制度全般を言いますが、今回改定されたのは、短時間労働者として会社に雇用されて給与をもらっている人が加入する健康保険と厚生年金の基準です。
したがって、ハンドメイド作家さんのように、会社から給料を得ていない人には今回の制度変更は関係ありません

これまでの社会保険の基準は週の労働時間や日数が基準でした。
この条件がより細かくなって、労働時間以外にも収入が月額88、000円(切り上げて年間106万円)以上であるなど、いくつか基準などが設定されています。
詳細は下記の厚生労働省のサイトを御覧ください。

平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がります!

では、パート勤めもしながら作家活動をしている場合はどうなるのでしょうか。収入の合計が106万円以上の場合はどうなるのでしょうか。

そこで、作家活動と他の仕事を兼業をしている場合について確認していきましょう。

社会保険は1か所からの給与が基準になる

社会保険は、被保険者本人と企業が折半して保険料を納める制度で、1か所での収入が基準を超えているかどうかが関係してきます。
例えばパートで1つの会社から年間80万円の給料をもらっていて、さらにハンドメイドで年間30万円の収入がある場合、合計では110万円になるので106万円を超えますが、パートの収入のみでは106万円は超えていないので、社会保険料を支払う必要はないです。

同じように、パートを掛け持ちしている場合も、1か所からの収入が106万円を超えない場合は支払い義務は生じません

このように社会保険の面だけ考えれば、1か所からの収入だけを見ておけば、十分に対策を講じられます。
ただ、社会保険はあなたの為に会社が保険料の半分を払ってくれ、将来もらえる年金が増えるので、払っても損する訳ではないことは正しく理解しておきましょう

<スポンサーサイト>

130万円を超えると配偶者の扶養から外れてしまう

ここまではあなた自身の保険料について説明してきましたが、収入が130万円を超えると配偶者の扶養に入れなくなるので、配偶者がいる場合、配偶者が加入している健康保険が使えなくなります。
これは複数か所の合計金額で計算されますので注意が必要です。
そして、もし130万円を超えた場合、自分で社会保険に加入しないといけません。健康保険はまるまる負担が増えますし、国民年金は全額自己負担で、しかも厚生年金には下級できなくなるので要注意です。

社会保険より税金の控除を気にしたい

よく保険と税金の控除をゴチャゴチャに理解してしまう方が多いようです。
保険はまさに「保険」なので、万が一の時には直接自分に返ってきて、安心に繋がります。一方、税金は自分に直接返ってくることはなく、社会のために支払うものです。もちろん払わないといけませんが、過剰に支払わないように対策することは、意味があります。

したがって、社会保険の106万円の壁は気にせず、扶養控除や不要特別控除、基礎控除などの税金対策を中心に考える方が重要です。

 

いかがでしょうか。106万円の壁はハンドメイド作家にはまったく関係ない理由は理解いただけたかと思います。せっかく頑張って稼いでも、そのせいで逆に収入が減ってしまってはもったいないです。
保険や税金の制度は頻繁に変わりますので、情報をしっかりキャッチして自分が関係するのかどうかは常にチェックするようにしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す